カタログ
ダウンロード

【展示会出展】九州自動車関連技術展示商談会in刈谷(2月5日(月)・6日(火))に出展します

TriOrbは「九州自動車関連技術展示商談会in刈谷」(会期:2024年2月5日(月)~ 2月6日(火)、会場:刈谷市産業振興センター)に出展します。本展示会では、車輪の代わりに球体を駆動部に用いた、球駆動式全方向型自律移動プラットフォーム”TriOrb BASE”を出展いたします。TriOrb BASEは高性能な移動プラットフォームとして多種多様なロボットの駆動部や AMRとして利用が可能です。

TriOrb BASEは駆動部に球体を採用しているため、全方向にmm単位の高精度移動が可能です。加えて、低床・コンパクト(494mm✕494mm✕148mm)ながら、溝(60mm)や段差(15mm)、斜面(1/6勾配)などに強い外乱走破性と、300kg以上の高耐荷重性を備えています。

自律移動ソフトウェアは自社独自開発のため、カスタマイズを含めワンストップで提供可能です。さらに、弊社のソフトウェアはROSに対応し、中間データの活用も可能なため、それらを利用することでお客様自身でも利用状況に合わせたカスタマイズを行えます。これにより、お客様の環境下にある多様なアプリケーションに対応したロボットシステムを構築することが可能です。

自動車生産工場を始めとする製造現場は狭い通路や荒れた床面などをもつため、AGVやAMRを始めとする移動ロボットを導入するには厳しい環境といえます。そのため、従来のロボットでは稼働に限界がありましたが、私達が開発した「TriOrb BASE」はその高い走行性能により、この課題を根本から解決することが可能です。
加えて、単体でのロボット活用にとどまらず、複数台のロボットが協力してタスクを行う協調制御システムを開発中です。これにより、クレーンやフォークリフトなどの専用設備に頼らない、柔軟な生産・搬送方式の実現が可能になります。この革新的なアプローチにより、製造業における移動の概念を根本から改革し、業界に新たな価値を提供することを目指しています。

今回の展示会では、移動性能のデモンストレーションを行います。精度や動作等を、是非直接お確かめください。
会場には事前登録不要で入場できます。皆さまのご来場をお待ちしております。

開催日時:2月5日(月)10:00~17:00、2月6日(火)10:00~16:00
開催場所:刈谷市産業振興センター(愛知県刈谷市相生町1丁目1番地6)
公式HP:https://www.joho-fukuoka.or.jp/kariya/visitor/index.html

シリーズAラウンドにて3.3億円の資金調達を実施しました

2023年12月28日に東京大学エッジキャピタルパートナーズ(以下UTEC)、みらい創造機構、DRONE FUNDを引受先とする第三者割当増資により、シリーズAラウンドにおいて総額3.3億円の資金調達を実施、併せてUTEC取締役COOの坂本教晃氏が社外取締役に就任しました。これにより、累計調達額は4.4億円となりました。
調達した資金を活用し、研究開発の促進、組織体制の強化を行って参ります。

TriOrbは、2023年2月に創業後、九州工業大学の発明である球駆動式全方向移動機構をコア技術として、産業技術総合研究所での研究成果をもとに自律移動プラットフォームのTriOrb BASEをリリースしました。今後、複数台が陸上のドローンのように協調的に連携することで、長尺物や重量物などの様々な荷姿に対応した柔軟な搬送システムの実現を通して産業改革のボトルネック解消を目指しています。

TriOrb BASEについて
TriOrb BASEは、AMRや多種多様なロボットの足として利用できる高性能な移動プラットフォームであり、製造現場の効率と生産性を飛躍的に向上させます。従来の全方向移動機構に比べコンパクトでありながら高い走破性や移動性能を持つため、製造現場などの荒れた床面や狭い場所での活用、精緻な移動が必要な場面での活躍が期待できます。また、シンプルな構造であるため、メンテナンスの簡易性を有しているのも大きな特徴です。 この革新的なプラットフォームについてのさらなる情報は、TriOrbのウェブサイト(https://www.triorb.co.jp/#base)でご確認いただけます。

また、TriOrb BASEの移動性能をさらに引き出す、自律移動ソフトウェアを2023年12月にリリースしました。TriOrbのソフトウェアは自社独自開発のため、カスタマイズを含めワンストップで提供可能です。さらに、弊社のソフトウェアはROS2モジュールとして開発されており、中間データの活用も可能なため、それらを利用することでユーザー自身でも利用状況に合わせたカスタマイズを行えます。これにより、ユーザーの環境下にある多様なアプリケーションに対応したロボットシステムを構築することが可能です。

●社外取締役 坂本教晃氏(UTEC 取締役COO/パートナー/マネージングディレクター)のコメント

TriOrb社はシンプルで強い特許をベースに、大きく事業展開をしようとされております。AGVに留まらず、広くモビリティの観点からもプラットフォームとなり得る可能性を十分秘めていると期待しています。今後大きな課題に挑戦するTriOrb社とUTECが伴走できること、大変楽しみです。また、TriOrb社には北九州市の方の熱い想いでお会いすることができました。まさに産官学連携の観点からも大きな価値を出していけたらと思っております。

●社外取締役 高橋遼平氏(みらい創造機構 執行役員/パートナー)のコメント

この度、UTECさん、DRONE FUNDさんという、ロボティクススタートアップ業界の成長を支えてきた、プロフェッショナルの皆様にご参画頂き、大変心強く思います。
TriOrbの創業メンバーとは起業前から議論をしておりますが、常に私の想定を上回るスピードで事業を拡大しており、いつもワクワクしながらミーティングに臨んでいます。そんな石田CEO、嶋野COOをはじめとしたメンバーだからこそ、優秀なメンバーや、投資家を惹き付けるのだと感じています。
今後も、TriOrbメンバー、パートナーの皆様、並びに株主を含めたAll TriOrbの一員として、産業界の発展に貢献できればと思います。

●大前創希氏(DRONE FUND 共同創業者/代表パートナー)のコメント

DRONE FUNDでは「ドローン・エアモビリティ前提社会」の実現に向けて、陸海空の自律型ロボットの社会実装を推進しています。TriOrbが持つ全方向移動機構技術は、これまでAGVの導入が難しかった製造・建設現場でのAGVの導入を可能とするものであり、人手不足に悩む現場の効率化に寄与するものと期待しています。
TriOrb は技術的な強みを背景に起業したスタートアップでありながら、顧客のニーズを的確に捉え、短期間での製品開発を行っている点を高く評価し、投資を決定しました。
今後はDRONE FUND投資先同士のシナジー、LP投資家との社会実装に向けた取り組みなどを通じて、TriOrbの成長に貢献していきたいと思います。

●TriOrb代表取締役CEO 石田秀一のコメント

弊社はモビリティの活用による製造業改革のボトルネック解消を目指し、全方向型自律移動プラットフォームの研究開発および製造に注力しています。今回の資金調達により、プラットフォームの性能向上だけでなく、複数のロボットの協調作業を通じて新たな価値を生み出す取り組みを加速して参ります。この資金調達では、既存投資家であるみらい創造機構様に加えて、新たにUTEC様とDRONE FUND様からのご支援を受け、ますます強化された資本基盤を築くことができました。また、UTEC 坂本教晃氏を社外取締役に迎えることで、弊社の経営体制も強化されました。弊社は、産業初の全方向型自律移動プラットフォームの社会実装を通じて、製造業のイノベーションに貢献してまいります。

【展示会出展】Factory Innovation Week 2024(1 月 24 日(水)~26日(金))に出展します

TriOrbは「Factory Innovation Week 2024」(会期:2024年1月24日(水)~1月26日(金)、会場:東京ビッグサイト)内の「第 8回ロボデックス ロボット開発・活用展」に出展します。本展示会では、車輪の代わりに球体を駆動部に用いた、球駆動式全方向型自律移動プラットフォーム”TriOrb BASE”を出展いたします。TriOrb BASEは高性能な移動プラットフォームとして多種多様なロボットの駆動部や AMRとして利用が可能です。前回展示会出展時からアップデートした自律移動ソフトウェアによるデモ走行を行います。

TriOrb BASEは駆動部に球体を採用しているため、全方向にmm単位の高精度移動が可能です。加えて、低床・コンパクト(494mm✕494mm✕148mm)ながら、溝(60mm)や段差(15mm)、斜面(1/6勾配)などに強い外乱走破性と、300kg以上の高耐荷重性を備えています。

自律移動ソフトウェアは自社独自開発のため、カスタマイズを含めワンストップで提供可能です。さらに、弊社のソフトウェアはROSに対応し、中間データの活用も可能なため、それらを利用することでお客様自身でも利用状況に合わせたカスタマイズを行えます。これにより、お客様の環境下にある多様なアプリケーションに対応したロボットシステムを構築することが可能です。

今回の展示会では、移動性能のデモンストレーションや、カメラで撮影した映像からの自己位置推定と環境地図作成を同時に行うことが可能なVisual SLAM技術を用いた自律移動や、経路生成のデモンストレーションを展示します。また、AI技術を用いた人や障害物の検知や、超音波センサーを活用した障害物検知に対する停止プログラム(安全制御)も実装しています。デモ展示のほか、検知の様子がわかるキャプチャ等もご用意いたしますので、精度や動作等を直接お確かめいただければと思います。

皆さまのご来場をお待ちしております。

  • 開催日時:2024年1月24日(水) ~ 1月26日(金)  10:00-17:00
  • 開催場所:東京ビッグサイト
  • ブース場所:西1ホール W54-29

自律移動ソフトウェア群をリリースしました

2023年12月に、自社開発の全方向移動プラットフォーム「TriOrb BASE」の機能を活かすための新しい自律移動ソフトウェア群をリリースしました。

これまでは全方向移動機構に特化したユーザーが主な対象でしたが、この新しい自律移動ソフトウェア群により、これまで全方向移動機構に馴染みのなかったユーザーも、簡単かつ迅速に自律移動プラットフォームを用いた開発に取り組むことができます。TriOrbの自律移動ソフトウェア群は自社独自開発のため、カスタマイズを含めワンストップで提供可能です。

自律移動ソフトウェア群について(2023年12月リリース)

【イメージ図】左から、VISUAL SLAM、 経路作成、安全制御

● VISUAL SLAM(ビジュアルSLAM)
自社開発のVisual SLAM技術を用いて、ロボットは周囲の環境を高精度に認識し、環境地図を構築します。4方向の5つのカメラを使用することで、位置推定の精度が格段に向上し、誤差1cm以下(※)の精密な位置決めが可能となります。これにより、複雑な環境でも高度なナビゲーションが実現します。
※周囲の環境などによって異なります

● 経路作成
A*アルゴリズムをベースとした独自の経路生成ソフトウェアにより、最適かつ効率的な経路が生成されます。このソフトウェアは、障害物が存在する場合の迅速な再経路生成にも対応し、柔軟な運行計画を実現します。

● 安全制御
4方向のカメラと距離センサーを活用することで、障害物や走行可能領域、歩行者の検出が可能です。高さ方向の判定も行うため、運搬物の衝突回避やスロープの安全な通過が実現します。また、歩行者検出時の動作はカスタマイズ可能で、より安全な運用を支援します。

さらに、これらの機能はROS2モジュールとして開発されており、中間データを利用した高度な上位システムの構築が可能です。これにより、ユーザーはより複雑なシナリオや多様なアプリケーションに対応したロボットシステムを容易に実現できます。

Silicon Valley December Summit 2023 のEast Asia EXPO 12月5日(火)に登壇します。

Silicon Valley December Summit 2023 の East Asia EXPO (開催日:12月5日(火))に、代表の石田が登壇します。

Silicon Valley December Summit 2023 は、各業界に特化した19のイノベーション・プログラムから、300以上のスタートアップを一挙に紹介するイベントです。12月5日から7日にかけて、シリコンバレーにあるPlug and Play Tech Centerで開催されます。

本イベントではスタートアップのピッチに加え、パートナー企業のパネルディスカッションや国内外のゲストによる特別セッションなども実施されます。

起業家だけでなく投資家や研究機関も集まる「スタートアップの聖地」にて、代表の石田がTriOrbのプロダクトや魅力を世界に向けて発信いたします。

ILS2023スタートアップショー 12月4日(月)・5日(火)にブース出展します。

 TriOrbは「ILS2023スタートアップショー」(会期:2023年12月4日(月)~12月5日(火)、会場:虎ノ門ヒルズ5階)にブース出展します。 

 イノベーションリーダーズサミット(ILS)は、大手企業とスタートアップをマッチングし、革新的な新事業を創出することを目的に、経済産業省後援のもと2014年に発足したアジア最大のオープンイノベーションマッチングイベントです。 

 期間中に開催されるILSスタートアップショーにて、高性能な移動プラットフォームとして多種多様なロボットの駆動部やAMRとして利用が可能な“TriOrb BASE”を出展します。 

 TriOrb BASEは全方向移動、溝や段差などに強い外乱走破性、mm単位の高精度移動が可能です。また、低床でコンパクトながら300kg以上の高耐荷重性を備えています。 

 本イベントでは、プロダクトの紹介に加えて、実機を用いた移動性能のデモンストレーションも行います。皆さまのご来場をお待ちしております。  

開催日時:2023年12月4日(月)・12月5日(火)  10:00-18:00 
開催場所:虎ノ門ヒルズ5階 

新たな開発拠点として「八幡オフィス」を北九州市八幡西区に開設しました

北九州市八幡西区の北九州イノベーションセンター内「北九州R&Dセンター1901」に、新たに八幡オフィスを開設しました。

八幡オフィスでは新たな開発拠点として、広大な実証フィールドを活用したロボットの性能検証や複数台のロボットを用いた実証実験を行います。また、お客様向けのデモンストレーションの場として活用することで、開発機能強化やプロモーション活動の促進とともに、域内の研究機関やスタートアップ、入居企業との連携を通して地域社会の発展に貢献します。

北九州市「スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業(通称:SIT-K)」に採択頂きました

北九州市による、産学官金が連携してスタートアップ企業の事業成長支援を行う事業化支援プログラム「スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業(通称:SIT-K)」に採択頂きました。

本プログラムでは、産業初の全方向型AMR(自律走行搬送ロボット)及び協調制御システムの開発・販売を目指します。

北九州市は素材産業、加工組立産業を中心としたものづくり産業、環境関連産業など様々な業種の企業が立地しておりAMRが幅広く展開可能です。AMRが実現する省人化は生産年齢人口の減少が進む北九州市においても産業持続のために貢献できます。

公式サイト:https://sit-k.net/trial02

7,000万円のデッド調達を実施しました

全方向型AMRの開発およびTriOrb BASEの複数台連携による協調的なタスク処理の実装を目指して、2023年6月に福岡銀行および日本政策金融公庫の協調融資により7,000万円の資金調達を実施しました。これにて、シードラウンドは総額1.1億円の資金調達となりました。本資金は研究開発費および人件費に充当します。

TriOrbは、2023年2月に創業後、TriOrb BASEを用いて製造現場でのロボット導入加速や建築現場での資材搬送システムの実装等(共同研究:戸田建設株式会社、2023年6月~)、産業応用可能なロボットの足を展開しています。今般の資金を基に、2023年秋から冬にかけて自律移動ソフトウェア群のリリースおよび2024年度中に協調移動ソフトウェア群のリリースを目指して開発を進めて参ります。

日本政策金融公庫 北九州支店 国民生活事業 コメント

福岡銀行北九州営業部との協調融資により、新型コロナ対策資本劣後ローン(制度名:「新型コロナウィルス感染症対策挑戦支援資本強化特別貸付」)を実行しました。スタートアップ時の研究・開発や人員確保等で必要となる運転資金の支援を行ったものです。
日本公庫は引き続き、地域の成長を担うスタートアップ企業や、コロナ禍に立ち向かう中小企業・小規模事業者の事業発展・継続を積極的に支援してまいります。

戸田建設株式会社と、資材搬送装置開発に向けた共同研究を開始しました

戸田建設株式会社と、建設業界における人手不足の課題解決や重労働作業のロボットへ代替・生産性向上目的に、全方向移動ロボット(TriOrb BASE)を応用した建設現場で自律移動可能な資材搬送装置の開発を目指した共同研究契約を締結しました。

建設現場での走行ロボットの開発に際して、これまで倉庫等で活躍するAMR(自律走行搬送ロボット)の転用が多く試みられてきましたが、建設現場特有の課題である荒れた走行路面、日々変化する環境、多数の資材が配置されたなかで求められる効率的な移動等、所望の性能を実現することは困難でした。

TriOrb BASEはこれらの課題を克服できるポテンシャルがあり、既存のAMRの転用ではなく、建設現場においても安定した走行性能の実現を目指し、自律移動型の資材搬送装置の研究開発に着手することとなりました。今後、TriOrbと戸田建設は建設業界での技術・知見・リソースを組み合わせ、更なる発展を目指します。

【TriOrb BASEを用いた段差や溝、270kgの資材搬送実験の様子】

建設現場におけるTriOrb BASEの基本性能を確認するために、現場で課題となる代表的な外乱(段差、溝)や積載重量270kgでの検証実験を実施。実験により得られた基本データを元にTriOrb BASEのハードウェア改修を実施し、現場環境下で自在に走行可能な自律型全方向移動ロボットの開発に取り組みます。

戸田建設株式会社のコメント

建設現場における建築資機材の搬入では、搬入車両からの荷下ろしをはじめ、工事用 ELVによる目的フロアへの揚重、目的フロア到着後の所定の位置への移動のすべてを人の手で行ってきました。これらの運搬作業は重労働であり、多くの人手を必要とする一方で、建設業界は作業員の減少や高齢化が進んでおり、作業の省力化が求められています。
弊社はこれまで試行を重ね、多くの課題に直面してきました。これらの課題解決に対し TriOrb BASEの可搬性能、精緻な移動性能、高度な制御機能には高い期待を持っております。そしてTriOrbの持つロボット技術に我々の持つ建設現場の技術・知見・リソースを組み合わせ、建設現場のさらなる生産性向上を目指します。

CONTACT

ご相談やお問合せは、下記よりお問い合わせください。
後日、弊社よりご連絡差し上げます。お気軽にご相談下さい。

info@triorb.co.jp